1~2歳へのクリスマスプレゼントオススメを見に行く

メビウス症候群について⑥(10か月)

 

「クリスマスに予約を取りました」
そう先生は言っていた…と思う。
実際の予約表を見ればいいのだが
生憎と見当たらない。きっと夫が片付けたのだ。
自分が片付けないのが悪い。ごもっともだ。

 

 

確か24日に予約をとっていたはず…。
木曜と金曜のどちらかの選択を迫られて
木曜にしたような気がする…。

気がするだけでイブの日に病院9時半と書いて
当日病院へと赴いたのだが診察券が機械に通らない。

そこで初めて
「もしかして、クリスマス(25日)の予約だったのでは?」
と思うのである。

なんともはた迷惑な話で受付に確認を取ってみると
やはり明日。

この単細胞で思い込みで行動した自分を殴りたい気分であった。

完全予約制のこの病院で飛び入りで入れて貰える希望は薄かったが
駄目元でお願いしてみると、間に入れて貰える事になった。

今日は視力検査。
メビウス症候群の病状の範囲を明らかにする為に
そして安心材料として、一応検査を受けに来たのである。

スコープのようなもので目を映したり
絵柄でなんとなくの視力を測ったりした結果
乱視、近視、斜視ではないとの事だった。

ただ、麻痺している右側は涙がよく出ているので
それを質問してみると、涙が抜ける腺が詰まっているかもしれないとの事で
簡単な検査で確かめてみますか?という話になり
押さえつけて無理矢理するので肌着一枚でお待ちくださいという
恐怖の言葉を聞き、待っていると娘だけ連れて行かれ
廊下中に響き渡る娘の泣き声と共に検査は行われた結果

正常だった。

逆さまつげが原因かもしれないが
それを断定して手術どうこうするには4~5歳が適当との事で
眼科ではメビウス症候群については特に通院の予定もなく
終了したのであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA